クネーデル

クネーデル

「だんご」の意味で、喉にだんごを詰めたような声を指す。

明るい声を好む流派からはよく「作り声だ」などと非難されています。

 

●解剖学的考察

リチャードミラーがクネーデルを定義していますが、彼は「舌根が落ち込み、咽頭壁が広がった声」としました。また喉頭蓋(こうとうがい)の位置変化も関与していると考えられます。

 

歌唱の仕組み / リチャード・ミラー

上手に歌うためのQ&A / リチャード・ミラー

スポンサーリンク