頭声(とうせい)

頭声(とうせい)

イタリア流派の「ヴォーチェディテスタ(頭の声)」を和訳したもの。

学派、流派によって、「裏声」と「頭声」を別物にしていることもあります。その場合は、多くの場合が、「頭声は実声(じっせい)だ」とする意見です。この言葉から推測するに、「地声系統の筋群の活動を巻き込んだ、かつ、胸声とは一線を画する声」ということが想像できます。ポピュラーの世界で言えば、「軽めのミックスボイス」として取られる声と類似しています。

 

●頭に響く声ではない

頭声=裏声の一種と定義づけると、納得しない学派も多いのですが、そういう学派はほとんどが「頭の声」という言葉に翻弄されています。「頭の声」というのはあくまで「感覚」に過ぎず、「頭によく響く声」というのは誤りです。音響音声学の世界では頭蓋への共鳴は否定されています。

 

 

スポンサーリンク