ヴォーチェ・ディ・ゴラ

ヴォーチェ・ディ・ゴラ

イタリア語で「のどの声」。裏声、もしくは閉鎖の強い裏声を指す。ファリンジルボイスを同義とする場合も。

古イタリア流派の教師たちは、しばしば、声区を「胸からくる声」と、「のどからくる声」の2種に分けました。今で言えば、胸声区と、頭声区です。「のどの声」というのはつまり、頭声区のことを指しています。

●ファリンジルボイスの存在

その一方で、ハーバード・チェザリーは20世紀に「のどの声」を再定義することを試みました。チェザリーは「のどの声」を「ヴォーチェディフィンテ」のような存在として扱っています。音色としては、鋭い裏声、です。

 

参考文献

声楽用語辞典 / コーネリウス・リード

The VOICE of the MIND / ハーバード・チェザリー

スポンサーリンク