声区の融合(せいくのゆうごう)

声区の融合(せいくのゆうごう)

胸声区と頭声区がブレイクがなく、融合した状態。理想的な声区(せいく)の状態。

 

●混合した声区状態との差異

混合した声区状態とは、胸声区と頭声区が不適切に融合した状態です。裏声(うらごえ)地声(じごえ)を混ぜ合わせるというより「何が裏声で何が地声かわからなくなっている状態」というのが正しい表現でしょう。混合した声区状態では、裏声がいつも地声らしくなり、地声がいつも裏声らしくなります。ピュアファルセットを出すこともできなければ、ベルティング的な音色を出すこともできません。ヨーデル歌唱など一向にできないのも、特徴と言えるでしょう。混合した声区状態はブレイクがないため一見理想的な融合状態である「声区融合状態」に見えますが、似て非なる状態です。

 

●理想的な声区状態

適切に声区融合できた場合、ピュアファルセットも、ベルティングらしい音色も、またヴォーチェ・ミスタも自由自在です。ヨーデルのような地声裏声を高速で行き来するような歌唱も可能です。喉頭筋群の神経支配が完璧に整理された、理想的な状態です。

 

 

参考文献 : ベルカント唱法 その原理と実践/ コーネリウス・リード

参考文献 : 声楽用語辞典 / コーネリウス・リード

スポンサーリンク