高音発声のためにできること。

高音発声のためにできること

岩崎です。

西東京市、クワイアシンガーのためボイストレーニングスタジオ「ゴスペルボイスラ」より、

日刊ゴスペル発声「日ゴス」第280号、お送りします。

高音発声のために、何ができるか。

まず、「裏声」です。

裏声を、まず見つけること。加えて、そしてよく育てること。

そうすると、地声と同じレベルにまで音量が出てきます。

よく育った裏声と地声は、次第に一本の声として、つながりを持ち始めます。

17世紀の発声訓練では、これを「声区融合」と呼んだわけです。

ところで、裏声の訓練をすると、

いつの間にか、「地声」の重たさや、鈍さが取れます。音程が取りやすくなったりするのです。

これはなぜか。

裏声は、音程を調整する筋肉、「輪状甲状筋」を活動させることが、音声学者たちの研究からわかっています。

つまり、

普段あまり裏声を出さない人というのは、基本的に「声が鈍く、音程が取りづらい」わけです。

男性に音程を取りづらい人が多いのも、これが原因と考えられるわけですねえ。

スポンサーリンク