発声訓練は「食事」みたいなもの!

ノドを下げる訓練ばかりしていると、声が弱くなる?

岩崎です。

発声指導表現で、

「ノドを下げなさい」「喉頭を下げなさい」

というフレーズがあります。

(ちなみに最近聞いたのは「声帯を落としなさい」。これはちょっと独特ですね。

声帯単体では移動はしないわけですから。

声帯は特に輪状軟骨に付着、そして収まっています,,,米国での解剖研修で確認済みです。

軟骨が筋群の動きによって移動し、その中の声帯も移動しうる、というわけです。)

ノドを下げると、通常、低音の倍音が増え、「深い」もしくは「暗い」要素が声に加わります。

キンキン声にコンプレックスを持っている方などは、

「これを練習すればどんどん深い声になる」ような気がしてしまいますよね。

でも、発声はそれほど単純ではありません。

ノドを上げる練習、したことありますか?

それだけをずっと続けていると、ある日、気づきます。

「なんか、声量が落ちた??」と。

もしくは、

「前よりもひっくり返りやすくなった?」と。

それもそうでしょう、ノドを下げる発声のフォームは、声帯の閉鎖を緩める効力を持っています。

つまり、音量は落ち、ひっくり返りやすくなります。

だから、答えを言うと、「下げる練習ばかりしてても、理想の声は手に入りません」。

ノドは、自然そのものです。

バランスが大事なのです。

下げる練習、どうぞ、してください。

その一方で、ぜひとも「上げる練習」をしてください。これがね、なかなかみんな出来ないんですよ。

「そんな声出したくない」みたいな精神的ストッパーも働いて、ノドが上がりきらない。

「その声でいつも歌う」必要はありません。でも、訓練のメニューに取り入れてください。

ノドを上げる練習をすることで、声帯の閉鎖が強まってきます。

声の輝きが手に入ります。

好みで声を出しても、声は育たない

訓練は、「ご飯」みたいなものです。

好きなものばかり食べてても、バランス崩して、体調悪くなりますよね。

そういうこと。

嫌いなものも、満遍なく、食べてください。

そうすると、ノドの「自在性」が蘇ります。

そして、曲になったら、「あなたが出したい声」で、自由自在に歌ったらいいのです。

訓練と、本番の歌唱は、全く別物。

ここを間違えると、永遠に声は育ちませんよ。

スポンサーリンク