ミュージカルシンガーがゴスペルを学ぶ理由

ミュージカルシンガーがゴスペルを学ぶ理由

岩崎です。

Beginnerレベルの投稿です。

時折、ラボには、ミュージカル俳優の方がいらっしゃいます。

大抵理由はこうです。

「ゴスペルの地声らしい歌唱を学びたい」

と。

そう、ミュージカルも、ゴスペルも、「地声歌唱」の文化。

共通点があるのですね。

「ベルト」を知っていますか?

ところで、

地声を高音域まで持ち上げる歌唱のことを、

「ベルティング」などと呼びます。

(発声用語集などにも記しました)

そして、どうしたらベルティングができるようになるか。

1まず裏声を見つけ、引き延し、徹底的に強化すること

2一方でやはり地声も徹底的に確立する

3配合バランスの調整

4、1に戻り、作業手順を繰り返していく

こんなところでしょう。

数年単位でこれをループするわけです。

その中でベルティング要素が確立されていくのです。

ed3fb6f6bd8fd287496db241af50f06e_s

ベルティングは魅力的!

スポンサーリンク