「プリ・メッサディボーチェ」で地声と裏声を融合する!

「プリ・メッサディボーチェ」で地声と裏声を融合する!

クワイアディレクター / ボイストレーナーの岩崎ひろきです。

地声と裏声を融合するための発声訓練として、

「メッサディボーチェ」というものがあります。

ピュアファルセットからクレシェンドし、フォルティシモの地声まで、つなげる。

これを数年間続けることによって、

裏声と地声の配合バランスのありとあらゆるポイントを生成することができます。

裏声よりの地声、地声にかなり近いが裏声の要素も入っている、など。

17世紀イタリアでもっとも愛された訓練法の一つで、

「これを6年間続ければ、世界最高の歌手になれる」とまで言われたものでした。

しかしながら、

このメッサディボーチェ。難しい,,,。

ですが、メッサディボーチェの前に、もう一つ訓練を挟むことで、

メッサディボーチェ達成のきっかけを作ることができます。

その名も「プリ・メッサディボーチェ」。(岩崎の提案です。

先日、「ハーフ・メッサディボーチェ」について触れましたが、

手順としては、

1プリ・メッサディボーチェ

2ハーフ・メッサディボーチェ

3メッサディボーチェ

となります。

messssa

メッサディボーチェはとにかく「喉の神経の整理」に役立ってくれます。これさえできれば喉は成長し続けるのですが、そもそもまず「成功すること」自体が難しい,,,。


●ゴスペル歌いよ、のどとからだを使いこなせ in 神戸

残り「1席」です。これがラストチャンスでしょう。

ゴスペル歌いよ第二案-in-神戸-2

詳細こちら。

スポンサーリンク