音域を伸ばすために、自分でできる3つのこと

音域を伸ばすために、自分でできる3つのこと

クワイアディレクター / 発声教師の岩崎ひろきです。

今日は、高音についてお話しします。

高音域を拡張するのに、ボイストレーニングを受ける,,,

これがみなさんできればいいのですが、いろんな事情で、「ボイストレーニングを受けられない」と聞きます。

私は発声の指導者ですから、声の安全を考えれば、「それでも優れた指導者のもとで指導を受けた方が良い」とは思いつつも,,,。

以下にまとめます。

1とりあえず裏声の練習

高音のための筋肉、「輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)」は、裏声を出すことによってトレーニングされます。

つまり、

普段から裏声をたくさん出しておけば、ざっくりと、ではありますがトレーニングになるわけです。

レイザーラモンHGの真似をして、「フォー!」がボイストレーニングに成る,,,なんて話がありましたが、

ある程度、発声生理学的に見ても、正しいと言えるんですね。

2裏声で、鳥の鳴き声のモノマネ,,,

UNI157165757_TP_V

カラスなどいいかもしれません。鳥のモノマネ、です。

「アーッアーッ」のような感じ。少しノイズが混ざったようなものも練習価値があるでしょう。(喉が痒く感じたりしたら、それはNGです。)

鳥の鳴き声のモノマネをすることで、

高い声のための筋肉だけでなく、声の「密度」が強まります。

声の密度、というと曖昧ですが、つまりは「豊かな声量」のこと。鳥の鳴き声のモノマネで、豊かな声量が得られるのです。

発声生理学的に言えば、「声帯の内転」が強まります。この辺は難しいので、詳しく知りたければ、近くのボイストレーナーに確認してみてください。

※「わからない」というお返事が返ってきたら、その方はボイストレーナーとして専門的な勉強していない可能性があります。

3ヨーデルごっこ

お次は、ヨーデル。

ヨーデルとは?裏声と地声を「あえてひっくり返す」西洋の歌唱芸能です。

ヨーデルを練習することで、喉の可能性のありとあらゆる可能性が広がります。

以下、参考になさってください。ぶったまげますよー。

裏声と地声の筋肉を行き来することで、声帯へのストレッチにもなり、かつ、裏声と地声の各筋肉群をスピードをもって収縮させるため、良いトレーニングにもなるのです。

まとめ

0I9A093815030132ryouude_TP_V-3

最後に軽くまとめ。自分でボイストレーニングする際の注意点ですが、以下です。

・あせらないこと

・ミックスボイスブームに絶対に乗っからないこと

・声が変わったらもうけ、ぐらいの気持ちで、楽しんでやること

以上、楽しんでくださいね。

スポンサーリンク