ノドを「浮かす」構造を知ればいい声が出る!?

ノドを「浮かす」構造を知ればいい声が出る!?

OOK8963_tobidase_TP_V

喉が「浮く」とはどういうことでしょう。

 

岩崎ひろきです。

ところで、あなたは知っていますか?

「ノドを浮かすシステム」が整備されていると、いい声が出るようになる、ということを。

 

ノドを浮かすシステムとは何か?

ボイストレーニング指導者なら知っているワードですが、「喉頭懸垂機構(こうとうけんすいきこう)」の事です。

なにやら難しい単語が出てしまいましたが、

これは簡単に言うと、「ノドボトケを四方八方の筋肉と靭帯でつるしている」ということを指しています。

 

「つるしている」,,,?

そうです、実はノドボトケは宙に浮いているのです。そのおかげで、上下、左右にも動きます。

ノドボトケの中には声帯が入っているのですが、声帯を安定して使うには、その外のノドボトケも安定させなくてはいけません。

 

ここで少し注意が必要ですが、

「安定させる」というのは、「一か所に固定する!」ということではありません。

どういうことか?

ノドボトケの周りの四方八方の筋肉を「使える状態」にしてあげ、バランス調整を自分で出来るようにする事です。

 

ノドボトケの周りの四方八方の筋肉は、随意筋(ずいいきん)と言い、自分の意思で動かす事ができる筋肉なのですが、

自分の意思で動かそう!と歌唱時に意気込んでも、初学者の場合はうまくいきません。コントロールできなくても、生きていける筋肉たちですから。

でも、これをコントロールできるようにならなくてなりません。

難しい音域に来ると、四方八方の筋肉は暴れ出してしまいます。

暴れ出すと、中の声帯は様々な角度から引っ張られ、狙った音程、音色を維持できなくなってしまうのです。

 

,,,,だから、そう、ノドを浮かすシステム(=四方八方の筋肉)を整備しなくてはいけないのです。

これを整備するために、あちこちの筋肉を使うように、あらゆる発声練習をおこなっていきます。普段出さないような声もたくさん出していきます。

ゴスペルボイスラボのレッスンは、いつもこの「ノドを浮かすシステム」に着目しているのです。

このシステムが整理されると、声は変わり始めます。

・音域が伸びる

・音色パターンがビッグバンのように無限に増える

・声量が出る

・小さい声でも歌える

・ロングトーンができるようになる

・ノドの負担が減る

・滑舌が良くなる

・話し声が良くなる

etc,,,,

あなたも、そんなボイストレーニングをしてみませんか。

スポンサーリンク