歌っていると、ピッチが低い!と言われるのはなぜ?

歌っていると、ピッチが低い!と言われるのはなぜ?

 

pak25_sakebuookawa_tp_v

岩崎ひろきです。

「歌っていると、いつもピッチ(音程)が低いと言われます。やはり耳が悪いんでしょうか?」

ピッチの原因は幾つかあります。

音程感覚がそもそも不十分な場合(耳の問題)と、

ピッチを合わせるための喉の能力が不十分な場合です。

音程感覚を合わせるためには聴覚能力をトレーニングしていくことが必要ですが、これが原因ではない場合も多くあるのです。

音程が悪い、あ、じゃあ耳が悪いんだ!と皆早合点してしまうのですが、ちょっと注意が必要です。

いくら耳のトレーニングをしても、音程の問題が解決しないケースもあります。先ほど述べたように、喉の能力が不十分なケースです。それはまるでチューニングが狂ったギター。いくら上手に弾いたところで、音程は合いません。

喉の能力が不十分な場合は、ピッチを引き上げるための筋肉を動かすトレーニングを多くこなすと良いでしょう。各披裂筋、それから輪状甲状筋、これらアプローチをかけていくと改善していきます。(筋肉の名前は覚える必要はありませんよ!)

PS ; なぜ音程がはまらないのか、判断できる優秀なボイストレーナーに指導を受けてくださいね!

PS2 : 5月のレッスンが予約可能になりました!

スポンサーリンク