高い声の出し方

高い声の出し方

LIG_soregaichibandaijis_TP_V-2

 

「高い声の出し方を教えてください」

ボイストレーナーという仕事をしていると、とにかくこの質問ばかりされます。

高い声を出すためには「輪状甲状筋」通称「前筋(ぜんきん)」という筋肉の動きをよくする必要があります。(喉仏の前方の位置する筋肉ゆえ、「前筋」と呼ばれています。)

前筋が働くと、声帯は輪ゴムをピンと張るように、薄く、引き伸ばされます。そうして音程が上がるのです。前筋はギターでいう「ペグ」のような役割をしていると言えるでしょう。

練習法は、いたって、シンプル。裏声の練習です。裏声を出すことによって前筋は働きます。低音の裏声、高音の裏声、いろいろ試すと良いでしょう。高音の裏声の音域を伸ばすだけで、地声が少し出しやすくなることに気づくでしょうね。

PS裏声の練習だけで改善する人もいれば、そうでないケースももちろんあります。能力のあるボイストレーナーを探して、相談すると良いでしょうね。

 

スポンサーリンク