「頭に声を響かせなさい!」で歌が上手くならない理由

「頭に声を響かせなさい!」で歌が上手くならない理由

N112_ongakuwokiku-thumb-autox1600-14445

「頭に声を響かせなさい!」とはボイストレーニング指導現場でよく用いられる表現ですが、

ゴスペルボイスラボに通う生徒様がよくこうおっしゃいます。

「前の先生が、よく【●●に声を響かせなさい】って言ってたんですけど、最後まで意味がわからなかったんです」

まず事実として認識しなくてはならないのは、歌唱研究をする音響学の世界では、「頭部の共鳴現象は認められていない」ということです。

私たちは、歌うときに、体の様々な部位に振動を感じます。

例えば、胸。低音を出すと胸が振動します。手を当てれば振動を感じることができます。ですがそれは共鳴現象ではなくて、共振現象にしか過ぎません。

加えて、共鳴、共振の体感というのは非常に曖昧で、100人いたら100人特有の体感があると言っていいのです。

あなたの先生の感覚と、あなたの感覚が全く同じ,,,?その可能性もありますが、もしかしたら違うかもしれませんよね。

ゴスペルボイスラボでは、なるべく「感覚的指導表現」を避けています。それでいて、皆さんが欲しい声に到達することができます。音域の拡張、音色パターンの増加。正直言ってなんでもござれ、です。

解剖学、運動学、あらゆる学問の知に基づいたボイストレーニングレッスンをあなたも受けてみませんか。

 


スクリーンショット 2017-07-12 9.32.46

レッスン受講者限定記事を始めました。動画にて、ボイストレーニングのコツを紹介しています。

パスワードが必要になりますが、レッスンをご予約された際の自動返信メールに、パスワードを記載しています。

こちらからどうぞ。

スポンサーリンク