内喉頭(ないこうとう)の整理

内喉頭(ないこうとう)の整理

レッスンのはじめ、まず内喉頭(ないこうとう)の整理からしていきます。

内喉頭とは何か?なんだか難しい言葉に聞こえますが、喉頭(こうとう)とは「のどぼとけ」のこと。喉仏には声を出すための筋肉が、中にも、外にもたくさんついています。

内喉頭(ないこうとう)とはつまり、喉仏の「中」。中にある筋肉を自由に使えるようにしていくこと。これがここのテーマです。

 

内喉頭(ないこうとう)筋の種類

内喉頭(ないこうとう)の筋肉は、以下のようなものがあります。

 

声帯筋(せいたいきん)

輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)

※厳密には喉頭の外に位置しますが、わかりやすいので、ここに配置します。

外側輪状披裂筋(がいそくりんじょうひれつきん)

披裂間筋(ひれつかんきん)

後輪状披裂筋(こうりんじょうひれつきん)

披裂喉頭蓋筋(ひれつこうとうがいきん)

 

 

例:声帯筋(せいたいきん)にフォーカスしてトレーニング

もしかしたら難しすぎて引いてしまったかもしれませんが、筋肉の名前や役割を一つ一つ覚える必要はないので、安心してくださいね。

大事なのは、この内喉頭(ないこうとう)筋だけで、たくさんの種類があって、その分だけたくさんの種類の声を生み出せる、ということです。

例えば、声帯筋。この筋肉は、声帯を「厚く」する動きを持っています。声帯が厚くなると、音程は低くなります。そう、つまり「地声」を作るための筋肉です。

ジャンルにもよるのですが、ポピュラーミュージックを歌おうとボイストレーニングに通いだす女性は、ほとんどがこの声帯筋が十分な仕事をしてくれていません。

ある程度時間をかけて、しっかり声帯筋を使う練習をしてあげると、もう話し声からがっしりとした声が生まれるようになってきます。



 

 

例2:輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)にフォーカスしてトレーニング

もう一つ例をあげれば、輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)。この筋肉は声帯を薄く引っ張る役目があります。

声帯は薄く引っ張られると、高い音程を発するようになります。そう、つまりこれは「裏声」と「高い声」に関わる筋肉です。

会社員生活が長い男性の場合などは、この筋肉が十分な仕事をしてくれいないケースが多いようです。1オクターブ下で歌ってしまう男性や、音程が一つも合わないまま1曲を歌い終えてしまう男性。輪状甲状筋を使う感覚がわからないので、音程を変える感覚や、高い声を出す感覚が、わからないのですね。

ですから、そういう場合は裏声をたくさん出すトレーニングをしてあげると良いのです。それも、無理ない範囲で、高めの裏声。そうすることによって声帯をうすく引っ張る感覚が研ぎ澄まされていきます。裏声をたくさん出すことで、「音痴」の症状も改善されていきます。

 

このように内喉頭(ないこうとう)の筋肉には多様な役割があります。内喉頭(ないこうとう)筋のトレーニングだけでも、それなりに時間がかかります。1、2ヶ月,,,ではなかなか解決しない問題ばかりなのですが、正確にトレーニングしてあげると、じわじわと歌いやすくなってくる感覚に気づけるはずですよ。

次回からは、練習方法の具体的な例を出していこうと思います。

 

目次

概要,,,目指すところ

①内喉頭(ないこうとう)の整理

極薄の状態

声帯の内転(ないてん)と外転(がいてん)の操作

薄い状態

厚い状態

仮声帯(かせいたい)の操作

喉頭蓋(こうとうがい)の操作

 

②外喉頭(がいこうとう)の整理

喉頭位置の操作

軟口蓋(なんこうがい)操作

舌の操作

 

 

参考文献

只今作成中です。

スポンサーリンク