声帯の薄さの操作,,,極薄の状態

声帯の薄さの操作

ここでは「声帯の薄さの操作」の「極薄の状態」についてお話しします。内喉頭(ないこうとう)を整理する具体的な手段です。声帯は輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)という筋肉によって、薄く引き延ばされます。引き伸ばされた時、音程は上昇します。

一方で、声帯筋(せいたいきん)という筋肉によって、厚さを保つことができます。つまりこちらは低音を作るための筋肉です。

初学者の場合、声帯の薄さ、厚さをコントロールできない場合がほとんどです。コントロールできるようになると、とにかく歌いやすくなってきます。音色のバリエーションが増え、音程が取りやすくなってきます。いつも音程が低くなってしまう人は、音程をジャストに合わせる感覚を養えるかもしれません。

1極薄の状態(ファルセット)

2薄い状態(裏声)

3厚い状態(地声)

ざっくり分けて3つに区分できます。(厳密にはもっと細分化していきます)

このページでは、極薄の状態について触れましょう。






 

極薄の状態(ファルセット)

初学者の場合のみに関わらず、大変に上手に歌を歌える方でも、ここは案外うまくいきません。

息漏れの激しい裏声を出してみましょう。

 

 

息漏れが勝手になくなったり、ふらふらと声が勝手に揺れた場合はピュアなファルセットとは呼べません。

これをコントロールするだけでも、結構な練習が必要です。毎日やれば、1ヶ月くらいではできるにようになるかな,,,とは思いますが、これはひとそれぞれですね。




 

息漏れの裏声で音程移動

次がまた難しいのですが、非常に大事な練習です。岩崎ひろきボイススタジオではほとんどの人に、この練習を最初に与えます。極薄のファルセットができるようになったら、そのまま音程移動ができるか、試してみましょう。

 

 

これが、もうとにかく難しい。ほとんどの方が、勝手に息漏れがなくなったり、「裏声なのに、ひっくり返る」ということが起きます。

これも丁寧に時間をかけてトレーニングしていくことが大事です。これができないと、声帯をコントロールするあらゆる筋肉がコントロールできていないことを意味します。この声自体には価値がなさそうなのですが、「自分が実現したい声」に挑む際に、この問題が浮上してくるのです。

 

※エクササイズは、全体の中のごく一部のものです。実際のレッスンではここからさらに細分化していきます。

 

目次

概要,,,目指すところ

①内喉頭(ないこうとう)の整理

極薄の状態

声帯の内転(ないてん)と外転(がいてん)の操作

薄い状態

厚い状態

仮声帯(かせいたい)の操作

喉頭蓋(こうとうがい)の操作

 

②外喉頭(がいこうとう)の整理

喉頭位置の操作

軟口蓋(なんこうがい)操作

舌の操作

 

 

スポンサーリンク