声帯の「内転」と「外転」の操作

声帯の「内転」と「外転」の操作

ここでは声帯の内転(ないてん)と外転(がいてん)の操作について触れます。

声帯は気管の入り口の門番で、門そのものです。ですから、声門(せいもん)という名称も持っています。そして、門ですから、開けたり、閉じたり、自由な動きをすることができます。そのことを、声門の「外転(がいてん)」と言ったり、「内転(ないてん)」言ったりします。

 

上の図で言う、「vocal fold」は声帯にあたります。

 

上の図では、左が、声帯の「外転」。右は「内転」。内転しているときは、つまり声を発しているときです。

 

※画像は購入したものなので、転用はお断りしております。

 

外転と内転の操作練習

まず、声帯が内転、外転していると言うことを知覚してみましょう。

「グロッタルサウンド(声門の音)」を出してみます。

 

 

声帯が硬めに閉じ、不定期な振動を繰り返すことでこのような「ギシギシ」としたサウンドが生まれます。

息が止まったような感覚が得られるので、声帯が内転しているということを知覚しやすいのではないでしょうか。

さらに、

 

内転状態からの「起声(きせい)」をしてみましょう。

 

「起声(きせい)」とは発声の歌い出しのことを言います。

内転状態からの起声(きせい)は、「オ」の「オ」に強くアクセントが置かれ、ぎゅっとしたサウンドが生まれます。「ヲー」や「ホー」に近づいてしまう場合は、うまく内転状態を作れていません。

この内転起声(きせい)、簡単なようで、初学者の場合、うまくコントロールが出来ない人が非常に多く見られます。

うまくいかない場合は、まずはグロッタルサウンドに戻って、内転状態を作りましょう。




今度は、声帯を外転させます。

 

完全に外転した場合、声にはなりません。大量の息がハーと声門をくぐっていきます。

このように、声帯の内転と外転を知覚することをまず大事にしましょう。

 

そして、今度は外転状態からの起声(きせい)をしていきます。

 

起声(きせい)の時は息っぽく、途中から声にしていきます。これも大変に大事なトレーニングです。

この内転と外転の感覚、そしてそこから起声(きせい)を練習していきます。地味なトレーニングですが、内転と外転の感覚が養われていないと、その状態から生まれる、自分がいつか出したい思っている声が、うまくコントロールできません。ですから、丁寧に練習してあげる必要があります。

 

※エクササイズは、全体の中のごく一部のものです。実際のレッスンではここからさらに細分化していきます。




 

目次

概要,,,目指すところ

①内喉頭(ないこうとう)の整理

極薄の状態

声帯の内転(ないてん)と外転(がいてん)の操作

薄い状態

厚い状態

仮声帯(かせいたい)の操作

喉頭蓋(こうとうがい)の操作

 

②外喉頭(がいこうとう)の整理

喉頭位置の操作

軟口蓋(なんこうがい)操作

舌の操作

 

 

スポンサーリンク