内喉頭(ないこうとう)の整理,,,薄い状態

声帯が薄い状態

ここでは、声帯が薄い状態、つまり裏声について触れましょう。

声帯は、輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)という筋肉によって引っ張られ、薄く形状を変え音程を高く保つことができます。

輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)は、裏声、地声の高音を発声するときにも活躍する筋肉です。裏声をよく練習することで、高音を発声する感覚、音程をコントロールする感覚が養われて行きます。

 

声帯の内転を伴う裏声

 

息漏れのある裏声から、声帯を内転させた裏声に移行してみましょう。

 

起声(きせい)は息漏れの状態ですが、後半に向かって、息漏れがなくなっていきます。この息漏れの状態と、息漏れがない状態の「振れ幅」を大きく作りましょう。

練習して行くと、「息漏れの状態」を軽視しがちですが、「一つの声の癖」を作ることが目的ではありません。あくまで、声の操作が重要ですから、息漏れ状態と、息漏れがない状態をコントロールできるようにしましょう。

 

母音を「イ」にして、大きく揺らしてみます。

 

こうすることで、内転を伴う裏声の感覚が得やすくなるでしょう。「イ」の母音は声帯の内転を促してくれます。

最終的には、アイウエオ、すべての母音でできるようにトレーニングしていきます。

 

また、内転させた裏声起声(きせい)をしてみましょう。

 

これが非常に難しいかもしれません。

 

こちらは NGパターンです。

 

内転はしているのですが、起声(きせい)が地声系統の筋肉を巻き込みすぎていて、声がひっくり返っています。

 

※エクササイズは、全体の中のごく一部のものです。実際のレッスンではここからさらに細分化していきます。

 

目次

概要,,,目指すところ

①内喉頭(ないこうとう)の整理

極薄の状態

声帯の内転(ないてん)と外転(がいてん)の操作

薄い状態

厚い状態

仮声帯(かせいたい)の操作

喉頭蓋(こうとうがい)の操作

 

②外喉頭(がいこうとう)の整理

喉頭位置の操作

軟口蓋(なんこうがい)操作

舌の操作

 

スポンサーリンク