喉頭(こうとう)位置の操作

喉頭(こうとう)位置の操作

さて、今回は喉頭位置の操作について触れたいと思います。

喉頭(こうとう)位置とは何か?喉頭とはわかりやすく言えば、「喉仏(のどぼとけ)」のことです。喉頭の位置、とは喉仏の位置のことを指しています。

喉頭の中には声帯が入っており、甲状軟骨と輪状軟骨という二つの軟骨で、声帯を守るようにして、喉頭が成っています。

そして、この喉頭ですが、傾いたり、上下に動いたりします。今日は、特に「上下」の動きについて触れたいと思っています。

喉頭位置を変えることによって、様々な音色が生まれます。「そんな声は歌には使わない」と言って、練習しないかもしれませんが、「あなたが要らないと思っていた声のパーツが、あなたが出したいと思っていた声の一部分だった」ということが、いつもボイストレーニング現場にはおきています。

ですから、これが好みかどうかはおいておいて、トレーニングしていきます。喉頭位置の操作ができることによって、声の可能性が何倍にも膨れ上がるのです。

初学者の場合、喉頭が自由に動きません。自分の意思で動かそうとしてもなかなか動かないのです。ですが、トレーニングをつけていくと、かなり自在性が増します。

ここで、喉頭をさげた声、を出してみましょう。こんな音色です。

 

喉頭位置の低い地声

 

うまく真似できましたか?なかなか難しいかもしれませんね。いろんなコツがありますが、まず模倣することが一番かと存じます。

どうしても喉頭位置が下がらない人の場合は、筋肉の構造を生かした手法で、喉頭を下げる感覚を養っていきます。もしくは、上記のデモのように立派な声じゃなく、単純に「喉頭が下がった声ならなんでも良い」のようなところからとっかかりを探していきます。

 

つぎに、喉頭をあげた声、を出してみましょう。

 

喉頭位置の高い地声

 

少しノイズが入った声になってしまいましたが、こういう音色が喉頭位置をあげることによって生成されます。アニメのような声、というとうまくできる人も多いように思います。

 

最後に、これが難しいのですが、同じ音程、同じ音量で、喉頭位置を変えていきます。最終的にこれくらいのコントロールができるように、仕上げていきます。

 

喉頭位置のグラデーション/メッサディボーチェのヒントを得て

 

これを裏声、地声、それから5母音全てで行えるようにしていきます。音程が変わったり、途中で息の量が増えたり、減ったりしてもいけません。このくらいのコントロールができるようになっていくと、声の操作もかなり楽になっていきます。

スポンサーリンク