ミックスボイス習得で上手くいかないパターン

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

ミックスボイス習得で上手くいかないパターン

ミックスボイス習得で上手くいかないパターンをお話しします。

ミックスボイスとは喉の中のあらゆる筋群の協働(きょうどう)があって初めて生成される声です。

よく、「裏声を強めればミックスボイスになる」だとか、

「裏声を鼻に響かせることでミックスボイスになる」なんていう意見を聞きますが、それで上手くいくこともあります。が、もちろん上手くいかないこともあります。

 

何故ならば、

「裏声を強めればミックスボイスになる」という意見には、いろんな条件が隠れて存在してるからです。

「地声系の筋肉がそれぞれ独立して動かせて、また協働(きょうどう)ができている」という条件や、

「裏声を強める時に、じんわりと地声系統の筋肉(声帯筋(せいたいきん)など)が混ざってくる発声の癖がある」という条件つきで、その指導表現は正論と言えるでしょう。

そういう発声の条件が揃っていないならばミックスボイスはいくら裏声を強めても生成されません。裏声は永遠に裏声のまま。

 

岩崎ひろきボイススタジオでのレッスンは、そういう条件が整っているか、準備ができているかどうかを見極めて、エクササイズを提案します。ですから、多くの方がミックスボイス習得に成功されています。

 

 

スポンサーリンク