「ビブラートがいつまでたってもかからない」の改善方法

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

「ビブラートがいつまでたってもかからない」の改善方法

これはもう裏声系統の筋群をよく使ってあげること、そして声帯筋そのものの固着した使い方を改善してあげるのが良いでしょう。

地声系統の筋肉、例えば声帯筋(せいたいきん)の活動レベルが高い発声ばかりをしていると、声の柔軟性が十分に確保できません。

ですから、過度なベルター(地声を高音域まで張り上げる肩)の場合は、ビブラートをしても、大抵がぎこちなさが生じてしまいます。

裏声による十分なストレッチを施し、また披裂(ひれつ)筋群の繊細なコントロールをできるように促してあげることで、ビブラートの問題も解決に向かいます。

「身体の使い方が問題ではありませんか?」→胴体の使い方によって呼気量の安定をさせる,,,つまり関与はあり得ると思いますが、どちらかといえば喉の問題がかなり多いように感じます。

スポンサーリンク