とにかく「分離」を促して行く!

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

とにかく分離を促していく!

「分離運動」とは喉の中の筋肉、発声器官をバラして動かして行くことです。これがもうとにかく大事です。

例えば、声帯の厚さ薄さと、喉頭の位置(喉仏のことですね)。これらは別々に動く器官です。ですが、喉のコントロールができない初学者の場合、これらをバラして動かすことができません。

 

声帯は厚さを変えたり、長さを変えたり3Dに非常に自由に動く器官です。

喉頭位置は、これも諸説あるのですが、とりあえずのところ、大雑把に上下に動きます。

 

声帯と喉頭(こうとう)はそれぞれ別の動きを持っていて、平行して別の動きをすることができるのですが、初学者の場合は、これができないのです。

「声帯を厚くして思い切り地声を出すとどうしても喉頭が上がってしまう」

などです。この逆のパターンもあり得ます。

 

このあたりの喉の「混乱(混合)」を解消していかない限り、憧れのミックスボイス、ミドルボイス、ベルト、トゥワングは手に入りません。逆にいうと、解消していくことで、上記の憧れの音色を手に入れるためのスタートラインに立つことになります。

ですから、もしいくらミックスボイスをしても上達しない、と思い悩んでいるのであれば、基本的な喉の操作ができているかどうかを一度考えて見てくださいね。

スポンサーリンク