身体補助を発声に差し込んでいく

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

身体補助を発声に差し込んでいく

ゴスペル指導などをするときなどは、積極的に身体全体の使い方を指導していたものですが、近頃は、一般の個人レッスンの中でも、人によって身体の使い方の指導をしています。

これはジャンルによるもので、必要のないジャンルの方、もしくは、職種の方もいます。例えば、歌ではなくて、俳優や、ナレーターの方。

この場合は身体のサポートを声に「安易に」結び付けない方が得策です。結び付けてももちろん出る声はあるのですが、正直いって、それは現場で身につけていく方が安全と考えています。

うかつに身体と声を結びつけることで、「声の反射スピード」の様なものが落ちることがあります。その危険性を考えると、教えない方がいいだろう、という結論に至ります。

 

一方で、ベルティング(地声で高い声を出す)などには、身体の補助を積極的に促していきます。吸気に関わる全身の筋肉を、呼気の中に差し込んでいくのです。かつ、それを、音域や、ほしい音色によって、段階分けして、差し込んでいきます。「ここは難しい音域で、かつ小さい声で、でもピッチはしっかりはめなきゃいけない,,,,だから身体補助のレベルを上げよう」といった感じです。

これによって、喉の補助を身体が補ってくれるのです。

 

身体の補助によってうまくパターンと、うまくいかないパターンがあります。これは身体の補助が「0か100」しかないパターン。これは大体過度な緊張か、過度な脱力で終わります。もしくは、そもそも喉が全くコントロールできていないパターン。喉と、身体、両方使っていくのですね。

スポンサーリンク