ミックスボイス生成の手順

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

ミックスボイス生成の手順

「ミックスボイスの出し方を教えてください」

これはもう何度も何度も聞かれることですが、やはり何度でもお答えしています。

 

1各発声器官の分離運動を促す

喉の中には、声に変化をもたらすパーツがたくさん詰まっています。声帯だけでなく、仮声帯(かせいたい)、喉頭蓋(こうとうがい)。喉頭位置の変化、軟口蓋位置の変化、舌のポジション、これらによって、声が生まれ、そして無数の音色パターンに変化します。

皆、ここがごちゃごちゃに「混合」しています。一つ一つを狙って動かせないのです。が、一つ一つを分離させて動かすトレーニングを施すと、少しずつ器用に動かせるようになって行きます。指が一本一本独立して動かせるピアニストのようなものです。

 

2協働(きょうどう)を促す

次に、分離して動かせるようになったものを協働(きょうどう)して動かせるようにトレーニングして行きます。特に、「声帯の厚さ」を徐々に変えるトレーニングをして行きます。最近の岩崎の思考としては、「厚さ」が徐々に変化している、ということを自覚させるようにトレーニングを促して行きます。これによって、裏声と地声の連結を見つけます。

 

3身体操作

発声とは組体操のようなもので、喉の周りの筋肉が一つ一つやはり仕事をしています。下腿から、腹部、胸部、上腕、頸部、そして喉。土台から仕事を始め、上に向かってどのパーツも仕事を始めます。そして最終的に、喉、が乗っかるのです。ミックスボイスと言われるポピュラーの発声であれば、強烈な身体補助はいりませんが、頸部の筋肉を少し差し込むだけで歌いやすさが変わってきます。A4周辺の音域になればこのあたりのサポートが必須です。

 

 

 

スポンサーリンク