軟口蓋(なんこうがい)の操作方法

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

軟口蓋のコントロール方法は?

 

まず、軟口蓋(なんこうがい)という組織があります。

 

白線で囲まれているエリアが軟口蓋(なんこうがい)です。

「軟口蓋をあげることが大事」とよく言いますが、確かに軟口蓋(なんこうがい)は動きます。軟口蓋(なんこうがい)の操作に関わる筋肉が複数存在しています。

ただ、「あげればいい」というではなく、「操作できること」が大事です。一つの発声パターンを「癖」にすると、あとあと、必ず困るからです。

軟口蓋(なんこうがい)の状態を2つ紹介します。

1軟口蓋が持ち上げられた状態

2軟口蓋がリラックス(下がっている)している状態

この状態を作るための指導フレーズがいくつかあります。そのうちの一つを紹介しましょう。

軟口蓋を持ち上げるには、「アツアツの熱い食べ物をベロの上におく」というイメージで、だいたいうまくいきます。一方で、軟口蓋をリラックスさせるには、「寝ている時の喉」の状態をイメージすると、うまくいきます。軟口蓋がベロに触れるまでに下がると、ノイズとなり、「いびき」のようなサウンドが生まれたりします。

コントロールできるか、やってみてくださいね。

 

スポンサーリンク