軟口蓋の応用編,,,閉鼻(へいび)

岩崎ひろきボイススタジオの公式ライン@が始まりました。声に関する情報を発信していきます。ぜひご登録くださいね。下の画像をクリックするだけで登録されます。

 

軟口蓋の応用編

先日、軟口蓋(なんこうがい)についての記事を書きましたが、軟口蓋を持ち上げ続けると、鼻腔の入口がふさがれます。

そうすると、息が鼻に流れなくなり、共鳴器が口腔に偏ります。この状態を「閉鼻〈へいび〉」と言います。

 

 

風邪をひいて、鼻が詰まった状態がまさに閉鼻(へいび)となります。ですから、音色としてはパッと聴き間抜けかもしれませんね。

ただ、閉鼻(へいび)の状態にすると、声帯が分厚くなり、地声的な力が強まります。高音の地声発生を「ベルティング」と言いますが、この状態にも閉鼻(へいび)を応用することができるだろう、と最近は考えています。

 

スポンサーリンク