身体の「サポート」の正体

 

岩崎ひろきボイススタジオのライン@です。

身体の「サポート」の正体

「サポート」とか「支え」という言葉がよく発声指導現場で用いられます。

ですが、その正体が一体なんなのか、理解できている方は少ないかと思います。

 

歌唱研究をする音声学者によれば、「支え」とは「吸気の筋肉」と「呼気の筋肉」が同時に働いている状態とのことです。

息を吐く時、初学者の場合は、呼気の筋肉だけが仕事をしがちです。

つまり、

何の抵抗もなく呼気が逃げて行ってしまいます。ですから呼気量をコントロールすることができませんし、

歌い出しと、歌い終わりで、姿勢が全く異なってしまいます。

 

姿勢が変わると、筋肉の位置も変わってしまいます。つまり、ノドの筋肉の仕事量も歌い出しと歌い終わりで変わってしまう。ですから、「サポート」のない状態は、歌い終わりでピッチなどが悪化してしまう,,,そう考えます。

 

岩崎ひろきボイススタジオでのレッスンは、いくつかのフェーズを持っています。

 

1発声関与筋のひとつひとつのコントロール

2必要に応じてサポートの練習

3大音量でのコントロールへの慣れ

 

サポートの練習は皆が必要なわけでありませんが、ジャンルやレベルによって促していきます。これによって音域や音色が良好になりますし、それから歌唱中のストレスが激減していきます。




スポンサーリンク