「裏声を失ってしまう」なんて事が本当にあり得るのか?

岩崎ひろきボイススタジオの公式ラインアカウントです。ワンクリックで登録できます。

役立つ最新のボイストレーニング情報が届きます。ぜひご登録ください。

※こちらからはだれが登録したかはわかりませんので、ご安心ください

 

「裏声を失ってしまう」なんて事が本当にあり得るのか?

以前、こんな質問をいただいたことがあります。

「岩崎さん、以前、裏声がなくなることがあるって言ってましたけど、そんなこと本当にあり得るんですか?」

即答ですが、「YES」です。練習方法によって、いくらでも失うことはあるでしょう。

,,,の前に、そもそも、裏声の定義というものについてお話ししなくてはいけませんね。



そもそも、裏声の定義

裏声とは非常に定義が曖昧な言葉です。だいたい「なんとなく、普段の話し声と違う声」と言ったところでしょう。ですが、普段の話し声から裏声っぽい人もいるので、これでは定義しきれていませんね。

ここでは、「声帯が薄くなった状態の声」「声帯を厚くする筋肉の収縮がほとんどない状態の声」としましょう。

声帯を厚くする筋肉とは、声帯筋(せいたいきん)、甲状披裂筋(こうじょうひれつきん)などの声ですね。

 

発声の不思議さ

発声とは不思議なもので、「嫌いな声」を出さないようにしていると、本当にその声が出なくなってしまうものです。地声で歌いたい、という人は、裏声を出さず、地声ばかり練習しがちです。実際、それで「裏声が出なくなった」という方を何人も見たことがあります。

「え、いいじゃん!嫌いな声なんだから」と思うかもしれません。

ですが、あなたが今出したいと思っている声の部品として、嫌いな声が使えたりするのです。「出せない声」というのは、それがどんな声でも、増やすべきではないと考えます。

パーツを、部品を拾い集めるようにしてボイストレーニングをすることが大事です。どんな声にも可能性があります。使い道があるのです。「好きじゃない」という理由でポンと捨てないであげてくださいね。

 

 

スポンサーリンク