声の整理をつけていく,,,。高い声や太い声をいかに出すか。

岩崎ひろきボイススタジオの公式ラインアカウントです。ワンクリックで登録できます。

役立つ最新のボイストレーニング情報が届きます。ぜひご登録ください。

※こちらからはだれが登録したかはわかりませんので、ご安心ください

 

声の整理をつけていく,,,。高い声をいかに出すか。

「声の整理」というテーマでお話ししましょう。

この世の中にはたくさんのボイストレーニングメソッドがあります。ひたすら呼吸を重点的に練習するメソッド、延々とミックスボイスを練習するメソッド,,,。

数えたらキリがないほど、たくさんの方法論があふれていますね。

「一つのメソッドをとことんやったけど結果がでない」という方は、何かのメソッドを練習する前に、「そもそもの声のパーツを整理する」ということを試すといいかもしれません。




「声のパーツを整理する」,,,とは

声のパーツ、とはつまり発声に関与する身体のパーツのことです。

例えば、「軟口蓋(なんこうがい)」。

白い枠で囲まれたエリアのことです。

軟口蓋(なんこうがい)の位置どりによって、声は大きく変化します。強い地声、柔らかい繊細な声,,,。

これらどちらも軟口蓋(なんこうがい)が大きく関与しています。

こういう大事なパーツが、喉の中に、そして身体の中にいくつも転がっています。それをコントロールできるようにしていくこと,,,これが大事です。また同時に、ほとんどの方がそれが出来ていないのです。

圧倒的な音量を身につけるトレーニングや、呼吸法にこだわるトレーニングも大変に価値のあるものです。

しかしながら、先に挙げたようなパーツが「こんがらがっている状態」ではいつまでたっても自由にはなりません。

例えば、喉が自由に扱いないのに呼吸法に頼ると、こんがらがった喉を呼吸でグイグイとプレッシャーをかけるような発声になります。これは声枯れの原因にもなります。

さて、最後に遊びのような動画をとってみました。

岩崎ひろきの喉です。私にとっては簡単な運動ですし、歌をセミプロ以上でやっている人には簡単な運動かもしれませんが,,,真似しみてくださいね。

舌骨(ぜっこつ)と、喉頭(こうとう)というパーツをくるくると動かしてみました。

 


●3月のレッスンが予約可能です。初回の方はこちらから。

●特別トークショー「デスボイスと、解剖の世界」、今週になりました。

スポンサーリンク