ミックスボイスの効果的な練習方法

岩崎ひろきボイススタジオの公式ラインアカウントです。ワンクリックで登録できます。

役立つ最新のボイストレーニング情報が届きます。ぜひご登録ください。

※こちらからはだれが登録したかはわかりませんので、ご安心ください

 

 

ミックスボイスの効果的な練習方法

さて、ちょっとした実験をしてみました。窓口をもう少し広げてみようと思い、youtubeに動画を投稿してみました。

あまり動画でのボイトレ情報配信は好きではなかったのですが、心変わりしまして「まあありかな」という気持ちでやっています。

さて3つのコツですが、以下です。

1デリシャスハミング

2呼気量を下げる

3鶴首にする

ミックスボイスというのは厄介なもので、「ミックスボイスを作るための入り口は複数ある」という点です。しかしながら、「その入り口は結構危険だぞ」というコースも多いのです。

例えば、「喉をひたすら締める方向でミックスボイスを作り出す」というルートもあります。しかも、これ結構うまく行きます。だからこそ、かなり厄介です。

「今はこういう喉をしめたような声だけど、ミックスボイスは出てる。いつか太いミックスボイスが出るはずだ」

と思うかもしれません。

でも意外とそうではなくて、「しめつけること=ミックスボイスを出すこと」で結びついてしまいます。これが強固なくせになると、「ミックスボイスを出すこと」から、「しめつけること」が取り出せなくなってしまいます。

「しめつけること」がいつも悪いわけではありませんが、望んでいないのにそういう声になってしまうとなると、マズイですよね。

そんなわけで、

今回紹介した3つの練習法は、「なるべくあとあと困らないミックスボイスへの入り口」にしたつもりです。ぜひ、実践してみてくださいね。

スポンサーリンク