危険なミックスボイス練習に注意!

岩崎ひろきボイススタジオの公式ラインアカウントです。ワンクリックで登録できます。

役立つ最新のボイストレーニング情報が届きます。ぜひご登録ください。

※こちらからはだれが登録したかはわかりませんので、ご安心ください

 

 

危険なミックスボイス練習に注意!

ミックスボイスの練習もたくさんあります。youtubeなどで動画を見ると、もう練習法だらけですよね。

しかも、ボイストレーナーさんによって言うことが違いますし。

よくあるパターンは「キンキンした裏声をだんだんミックスボイスに変えていく」ですが、これには危険もあります。

うまくいくこともあるのですが、

喉の自在性がある程度確保できていない状態でこの練習を繰り返すと、喉の「しまりグセ」があとあと解除できなくなります。

「キンキンした、しまった声」がいつも悪いわけではありません。

問題になるのはいつも、「1つの声しか出ない」状態です。つまり、「癖」をつけてしまうと、それ以外の声が出なくなってしまいます。

「それ以外の声が出なくなるなんて、そんなことあり得ない」

とお思いかもしれません。でもあります。喉も、筋肉です。人間の身体というのは不思議なもので、やらない運動パターンは、忘れてしまいます。そして新しい運動パターンを記憶していくものです。

「いやいやキンキンした裏声練習で僕はミックスボイスができるようになったよ?」

という方ももちろんいらっしゃるでしょう。そうですね、確かにその可能性もあります。実際に、岩崎ひろきボイススタジオでもそれに近い練習はあります。

ですが、岩崎ひろきボイススタジオでは、その一方で「キンキンした裏声じゃない裏声」もたくさん練習させます。

複数のパターンの裏声を練習させるのです。そうして、喉が「固着」するのを防ぎます。これがボイストレーニングの安全なルートなのです。

ミックスボイス練習を独学でやられている方。不安でしたら専門のトレーナーに相談してみてくださいね。

スポンサーリンク