ミックスボイスを作っていくための手順

岩崎ひろきボイススタジオの公式ラインアカウントです。ワンクリックで登録できます。

役立つ最新のボイストレーニング情報が届きます。ぜひご登録ください。

※こちらからはだれが登録したかはわかりませんので、ご安心ください

 

 

ミックスボイスを作っていくための手順

「ミックスボイス」出したいですよね。先日、こんな動画をアップしました。

かなりポップにやってみたので、意外に思われた方もいらっしゃったみたいです。

(わかりやすくお伝えできればいいなと思っています)

 

この動画に書いてあることだけでもミックスボイスのきっかけを作れるようになる人もいるでしょう。

ただ、これだけでもどうにも,,,という方もいらっしゃると思います。それは当然です。発声とはとにかく難しいものですから。

でも安心してください。いろんな手法があります。

あらゆる角度からアプローチすることで、声とはじっくり育成されていくものです。

1まず、喉の整理をしていくこと

喉のパーツを一つずつ動かす練習をして行きます。

使えなくなっている筋肉を一つずつ、ほぐしていくのです。それも2つ、3つではありません。声帯本体、仮声帯(かせいたい)、喉頭蓋、舌、軟口蓋(なんこうがい)、喉頭(こうとう)位置、首や胴体のサポート操作など,,,パーツは本当に多いのです。

2喉頭(こうとう)懸垂機構の安定化

喉頭(こうとう)懸垂機構,,,とは難しい言葉ですが、これはシンプルに言って、喉仏に付着している筋肉の安定化です。

これができないと、声帯が効率的に仕事をすることは難しいのです。肝心な時に喉仏は不安定になり、ひっくり返りの原因になったりします。

他にもアプローチ方法はあります。

3レジスターの充実

4融合系エクササイズの集中訓練

,,,この辺は実際のレッスン中にお話しできればなと思います。

4月のレッスン、予約可能になりました。継続して通う方はお安くなります。ぜひご検討くださいね。

 

スポンサーリンク