「アイソレーション」について

1.アイソレーション

まず、アイソレーションです。「分離」という意味です。

かつて、発声指導者のコーネリウスリード氏は「声区の分離(レジスターアイソレーション)」という言葉を用いましたが、岩崎ひろきボイススタジオではより広義な意味で、分離という言葉を使います。

1各発声器官の分離運動

2裏声と地声の分離

この2つの意味で、アイソレーションを行っていきます。

1つ目は、舌、喉頭(こうとう)位置、軟口蓋(なんこうがい)、喉頭蓋(こうとうがい)、仮声帯(かせいたい)、声帯、これらを一つ一つコントロールしていく運動です。

また、これらのパーツを組み合わせて、複数のパターンを作っていきます。

2つ目は、裏声と地声の分離です。具体的には、地声成分が希薄な裏声を取り出していきます。この希薄な裏声に関しても、1つ目で使えるようにしたパーツを組み合わせて、いろんなパターンを作っていきます。

——

アイソレーションはとにかく小音量で行なっていくことが大事です。

小音量で行い、とにかく淡々と行なっていきます。パフォーマンスを行う、というよりは、パフォーマンスを行うための準備をひたすらに行なっていく作業です。

 

スポンサーリンク