レッスンメソッド

レッスンメソッド

 

大きく分けて、3つのレベルでトレーニングを施していきます。

 

1内喉頭筋(ないこうとうきん)の整理

2外喉頭筋(がいこうとうきん)の整理

3身体性の整理

 

難しい言葉で書いていますが、簡単に説明をします。

 

1内喉頭筋(ないこうとうきん)の整理

 

1の内喉頭筋(ないこうとうきん)とは、「喉の中のパーツ」のことです。つまり、声帯そのもの、また声帯すぐそばの筋肉群などのことを指します。

ここがほとんどの人がコントロールがついていません。ここを整理していく(神経支配の改善)ことで、相当な数の音色パターンが生成されます。

 

声量がない方や、あまりに音域が狭く困っているという方の場合は、ここを整理し、内喉頭を「再生」させることで、改善に向かうでしょう。

それに加え、少し難しい言葉で書けば、仮声帯の操作性や、喉頭蓋(こうとうがい)の操作性を高めます。ここがかなりキモで、声量や、音程の移動のスムーズさ、音色パターンの増大に貢献します。ミックスボイス / ミドルボイスを求める方なども、この辺りをしっかりトレーニングしておく必要があります。

 

内喉頭の3層構造,,,声帯-仮声帯-喉頭蓋。この3種の分離と協働を促していきます。このことによってシンガーズフォルマントという声の抜けを良くする倍音が生成されるようになります。




 

2外喉頭筋(がいこうとうきん)の整理

 

外喉頭筋(がいこうとうきん)とは、「喉仏の外の筋肉」のことです。喉頭(=喉仏)の位置を変化させる筋肉のことを主として指しています。

喉頭の位置は、どんな方でも上下に可動域を十分に取り戻す必要があります。わかりやすくいうと、「深い声で歌いたい」という方でも、演歌のような鋭い声を練習する必要があります。

 

合唱などで声を作ってきた人などは、鋭い声が極端に苦手だったりしますが、この場合、カウンターパンチとして鋭い声を十分に練習します。

面白いものですが、そのことによって、深い声の柔軟性、自在性がぐっと増します。人間の体ですから、「好み」だけで使い倒していると、必ず「歪み」が出てくるのです。

失っている可動域を取り戻す、これは運動学的に見ても極めて正しいことでしょう。

講師の岩崎ひろきのデモです。男性にとっては鬼門と言われるA(ラ)の音からHiC周辺まで、デモをしています。

 

3身体性の整理

 

ジャンルや、声の用途によって、身体性の指導を行います。例えば、ゴスペルやミュージカル、ロックなど強い声を必要とするジャンルの場合、「喉を間接的に補助する筋肉」を使えるように、指導していきます。それは首、胴体、それから場合によって下腿まで及びます。

一方で、歌唱ではなく、声優、役者、ナレーターの場合などは、基本、あえて身体指導を行いません。上記に挙げた職業の方の場合「喉と身体が不適切に結びついている」ケースが非常に多く見られます。

 

「声を出すときは腹式呼吸ありきだ」など、実際の現場ではかなり不自由を強いられる発声方法に慣れてしまい困っている方が、よく岩崎ひろきボイススタジオにいらっしゃいます。

この場合、一旦、喉と身体を切り離すようなトレーニングを行います。喉だけでも相当なコントロールが効くということを体感してもらい、あとは好きにしてもらう,,,そんなスタイルで指導をしています。

 

終わりに

 

最後に、ですが、「レッスンを受ける上での心構え」みたいな注意点を記しておきます。生徒様は様々な状態でいらっしゃいます。すでにプロとして活動しており、バリバリ歌える方,,,一方で、普通に生活するのも苦労してしまうほど、声が小さいという方,,,。

そういう状態ですから、成長のスピードも人それぞれです。一回のレッスンで「最後の1ピース」が埋まり、革命的に声が出るようになってしまう方もいます。ですが、皆が皆、そういうわけではありません。

 

声帯の周辺の筋肉が痩せ細っているだろうと思われる方もいらっしゃいます。その場合はやはり、時間がかかります。最低でも1年以上はトレーニングに時間がかかります。

ですから、「声をトレーニングするには、普通は、時間がかかる」というように心構えを持っておくことをお勧めいたします。そうでないと、声が育っていくのを、待ちきれないかもしれません。

 

岩崎ひろきボイススタジオのレッスンは、完璧ではありませんが、ほとんどの場合、お力になれます。入会金はありませんし、勧誘行為も一切行いませんが、それでも多くの方にご愛顧いただいてきました。それは、やはり効果を感じてくださっている方が多数いらっしゃる、ということだと考えております。

せっかくのレッスンです。すぐに思ったような結果が出ずとも、どうか効果を期待されてお越しいただければと思っております。

 

岩崎ひろき